かえるのあめちゃん

のんびり手作りと読書の日々
     
   
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
<< 二十四の瞳 | main | 肉が食べたい年頃 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
愛なんだよなぁ
40代の二人暮らしのゲイのカップルの普通の(?)暮らしが
日々の夕御飯のメニューとともに綴られています・・・
って言うと、「なんじゃそれ」って感じかもしれませんが
カップルが一緒に住んでて、片方の料理好きの人が家計をやりくりしつつ
毎日夕御飯を作るわけで。

身近な素材を使った、誰にでも作れそうなメニューが多いので
読みながら、「あ、これ作ろう」ってメモを取ったり。
かれこれ5品ぐらいは試しました(笑)
結果は・・・まだまだ自分のものには出来てないって感じかな・・・
自分なりに多少工夫して自分ちのレパートリーに入れてしまいたいものです。

メニューもいいんだけど、
この漫画には「愛」が溢れていると思うのです。
愛する彼のために「これが好きだったよなぁ」と思って料理し、
食卓に並んだその好物を食べた彼は「うまい〜」と喜び。

喧嘩して気まずくなって、仲直りのきっかけの為に「◯◯作ってよ」って頼んで、
その通りに作ってくれたら大げさに「ありがとー。コレ好きなんだよ」って喜んで見せたり。

小さな事なんだけど、お互いの事を思い遣ってる気遣いが其処此処にあるのです。

私はこの主人公ほど料理にこだわるつもりはないけど。。
でも、「◯◯が食べたいなぁ」とか言われた時、
「忙しいから無理」とか「自分で作って」とか逃げないで
たまにはちゃんと作ってみようかなぁ、なんて思うわけで。

で、その時ちょっとでも喜んでくれたら、きっと私も嬉しいだろうな、と。

料理に限らず、こんな風に家族みんなでお互いを気遣えたらいいなあ、ってね。

何だかそういう気分にさせられる漫画でした。
| 読書 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ふうさんこんにちは。
私もこのマンが好きです。
ほんわかした気分になりますよね。
| おかみ | 2012/03/23 11:06 PM |
おかみさん、コメント有難うございます。
共感してくださってありがとうございます。
そうなんですよ。ホンワカして、そしてお腹が空きます(笑)
| ふう | 2012/03/29 10:32 PM |
コメントする